田村智子

参議院 比例

日本共産党

 1965年7月4日、長野県小諸市生まれ○長野県立野沢北高校、早稲田大学第一文学部卒○日本民主青年同盟中央常任委員、日本共産党石井郁子衆院議員、同井上美代参院議員の秘書などを経て、2010年、比例代表で初当選。厚生労働委員、文教科学委員、決算委員会理事、復興・原子力特別委員等を歴任。東日本大震災の発災直後から現地の医療機関等と連携し医療・介護、保育所等の復旧・復興に取り組む。電気リストラ・不払い残業、派遣労働者・非正規公務員の正規化や処遇の問題、マタハラや男女賃金差別など雇用問題、教員や中央省庁の公務員の長時間・過密労働問題、高学費の是正や給付制奨学金創設、就学援助など教育費の問題、ひとり親世帯への経済支援や生活保護切り下げなどの貧困問題、保育所待機児童問題や保育士の処遇改善など公的保育の発展に取り組む○現在党副委員長。内閣委員、議院運営委員会理事

最近の発言