尾辻秀久

参議院 鹿児島

自由民主党・国民の声

 昭和15年10月2日鹿児島県鹿児島市に生まれ、3歳の時父親をソロモン諸島海域で亡くした戦没者遺児、鹿児島市立玉龍高校を経て同34年防衛大学校入学、3年在学中母親にも逝かれ、1人残された妹の為故郷へ帰る、同39年東京大学入学、同41年国産車にて世界一周の旅に出る、アルバイトをしながら5ケ年を要し70ケ国を巡る(現在100余ケ国)、同46年2月帰国後、旅行家兼ルポライターとなり東京大学を中退○昭和54年4月鹿児島県議に当選、以後連続2期当選、同60年5月(財)鹿児島県遺族会長、同62年11月(財)日本遺族会常務理事○平成元年7月参議院議員比例代表選挙当選、総務、沖縄開発政務次官、党副幹事長、政調副会長、国対副委員長、国民福祉委員長、財務副大臣、党厚労部会長、厚労大臣、(財)日本遺族会副会長、参議院自民党議員会長、参議院副議長○現在一般財団法人日本遺族会名誉顧問○著書「ボッケモン世界を行く」「アフリカ旅日記」「旅また人生」

最近の発言