山本太郎

衆議院 東京都

れいわ新選組

昭和四十九年十一月二十四日、兵庫県宝塚市生まれ。宝塚市中山桜台小学校、私立箕面自由学園中学校卒業。箕面自由学園高等学校中退。芸能界入りし、俳優としての地歩を固める。福島第一原発事故をきっかけに脱原発・脱被ばくの姿勢を鮮明にし、所属事務所を辞めフリーに。平成二十四年十二月衆院選に東京八区から無所属で出馬するも惜敗。平成二十五年七月参院東京選挙区に無所属で出馬し、初当選。平成二十八年十月、「自由党」共同代表。平成三十一年四月「れいわ新選組」を立ち上げ、代表に。積極財政への転換を訴え同年七月参院選に全国比例で出馬、本人は惜敗するも、得票率が二%を超える政党要件を獲得。令和三年衆院選で当選○れいわ新選組代表○著書「山本太郎闘いの原点:ひとり舞台」○当選一回(49)参一回(23)

最近の発言