詳細検索
  
から
まで
  
  
(全て解除)
詳細検索
  
から
まで
  
  
(全て解除)
  
(全て解除)
(全て解除)
767 件中 1 件目から 10件目
逢沢一郎
衆議院 自由民主党・無所属の会 岡山県第一区
昭和二十九年六月岡山県岡山市に生る、慶應義塾大学工学部卒業、(財)松下政経塾を経て(公財)松下政経塾理事○通商産業政務次官、外務副大臣となる。また(学)加計学園国際交流局顧問○自民党商工部会長、党岡山県連会長、党幹事長代理、党国会対策委員長、党総裁特別補佐、党政治制度改革実行本部長○衆議院外務委員長、予算委員長、議院運営委員長○平成二十三年五月永年在職議員として衆議院より表彰される○当選十回(38 39 40 41 42 43 44 45 46 47)
愛知治郎
参議院 自由民主党・こころ 宮城
 昭和44年6月23日、米国ニューヨーク生まれ。宮城県立仙台第一高等学校を経て、平成7年中央大学法学部政治学科卒業。法律事務所、愛知和男事務所勤務後、平成13年参議院議員通常選挙にて初当選。以降、財政金融委員会理事、環境委員会理事、予算委員会理事、憲法調査会幹事、国際問題に関する調査会理事、国民生活・経済に関する調査会理事、参議院自由民主党国会対策委員会副委員長等を歴任。平成17年防衛庁長官政務官。平成20年内閣委員長。平成21年財政金融委員会理事、平成23年より東日本大震災復興特別委員会理事、自由民主党国会対策副委員長、自由民主党政務調査会財政金融部会副部会長を務める。平成24年行政監視委員長、平成25年より財務副大臣兼復興副大臣、自由民主党政務調査会会長代理、参議院自由民主党政策審議会会長代理○現在参議院自由民主党政策審議会会長
相原久美子
参議院 民進党・新緑風会 比例
 1947年3月14日、北海道三笠市生まれ。北海学園大学法学部卒。民間企業勤務後、皮革工芸に従事し、自宅での教授、他の専門学校講師を経験。1986年札幌市非常勤職員として年金相談業務に従事。その後、労働組合運動に参加。札幌市役所職員組合特別執行委員、自治労北海道本部副執行委員長、自治労中央本部組織局長を歴任し、2007年の第21回参議院議員選挙(全国比例)で初当選。この間、公務職場における臨時・非常勤職員等問題、委託先民間職場の賃金格差問題、また、移住労働者の権利確立を求める活動等に取り組む
青木愛
参議院 希望の会(自由・社民) 比例
 昭和40年8月18日東京都墨田区に生まれる。千葉大学教育学部卒業、千葉大学大学院教育学研究科修了、東京芸術大学音楽教育研究科研究生、社会福祉法人櫻の会理事、ゆうひが丘保育園保育士となる。平成15年11月衆議院議員初当選。平成19年7月参議院議員当選。衆議院厚労理事、文科委員ほか。178~180回国会の間衆議院消費者問題特別委員長。自由党に参加、民主党千葉12区総支部長、同参議院比例区総支部長、同東京12区総支部長、同副幹事長。国民の生活が第一、日本未来の党、生活の党に参画○現在希望の会幹事長。党副代表、参議院会長・幹事長。国土交通委員、行政監視委員○衆議院議員3期
青木一彦
参議院 自由民主党・こころ 鳥取・島根
 昭和36年3月25日、島根県出雲市大社町生まれ○大社高校、早稲田大学教育学部を卒業○平成11年10月、内閣官房長官秘書官、その後参議院議員秘書○平成22年7月、参議院議員選挙に初当選○国土交通大臣政務官、参議院予算委員会理事、党水産部会長代理、農林副部会長、国土交通副部会長、参議院党国会対策副委員長等を歴任
青柳陽一郎
衆議院 民進党・無所属クラブ 南関東
昭和四十四年八月東京都中野区生まれ、小中高校時代を横浜市保土ケ谷区で過ごす。日本大学法学部卒業、衆議院議員松田岩夫秘書となる。平成十七年第三次小泉内閣国務大臣松田岩夫政策秘書、平成十九年日越両国政府ナショナルプロジェクト「ベトナムフェスティバル」事務局長を始めアセアンフェスティバル、インドネシアでのジャパンフェスティバルなど国際交流イベントを多数実施。平成二十六年早稲田大学大学院公共経営研究科修了、NPM、政策評価、新しい公共等の研究を行う。NPO役員、二〇二〇東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問会議顧問。民主党・維新・無所属クラブ副幹事長、県総支部代表。衆議院外務委員、決算行政監視委員会理事、拉致問題特別委員会理事○当選二回(46 47)
青山繁晴
参議院 自由民主党・こころ 比例
 昭和27年7月25日、神戸市に生まれる。淳心学院中高卒業。慶應義塾大学文学部中退、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。共同通信社に入社し事件記者、経済記者を経て政治部へ。平成10年、三菱総合研究所に研究員として迎えられ、安全保障・外交から金融・経済までを包括する国家戦略の立案に携わる。平成14年、株式会社独立総合研究所を創立。代表取締役社長・兼・首席研究員に就任し、原発テロ防止をはじめ危機管理、日米同盟を対等にする試みを含め外交・安全保障、メタンハイドレート試掘を軸にした自前資源の調査研究などを統括する。近畿大学客員教授、東京大学非常勤講師を務め、消防審議会委員など公職を無償で務める。テレビ・ラジオでも発信する。平成28年、独立総合研究所退社、参議院選挙に当選○作家として著書にノンフィクションでは「ぼくらの祖国」「壊れた地球儀の直し方」、文学作品では「平成紀」などがある
青山周平
衆議院 自由民主党・無所属の会 東海
昭和五十二年四月愛知県岡崎市に生る、法政大学社会学部卒業、(株)JR東海高島屋社員、学校法人青山学園、ながら幼稚園園長、ラグビー少年団指導員となり、現在衆議院議員である。自由民主党青年局次長、教育再生実行本部事務局次長、女性活力特別委員会副委員長となる。衆議院文部科学委員、内閣委員○当選二回(46 47)
赤池誠章
参議院 自由民主党・こころ 比例
 昭和36年7月19日、山梨県甲府市生まれ。明治大学政治経済学部政治学科卒業。松下政経塾で松下幸之助氏に「人づくり」の重要性を学ぶ。赤池総合研究所代表、日本航空総合専門学校長を経て、平成17年、衆議院議員に初当選。教育基本法の改正に尽力。一方で、山梨県専修学校各種学校協会会長も務める。平成24年、母校明治大学で客員教授として教鞭をとる。平成25年、参議院議員選挙(全国比例区)で当選。自民党副幹事長、参議院国土交通委員会理事、文部科学大臣政務官を務める○現在参議院文教科学委員長、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会委員、自民党教育再生実行本部副本部長、文部科学部会副部会長、治安・テロ対策調査会事務局長等。「国づくり、地域づくりは、人づくりから」をモットーとした活動を広く展開

赤石 清美

参議院 自由民主党 比例  (元議員)
 昭和23年4月12日青森県三戸郡生まれ。八戸工業高等学校化学科を経て、京浜学園衛生技術学科入学。昭和45年卒業、昭和46年臨床検査技師免許取得。昭和47年株式会社エスアールエル入社、新しい検査法や技術の確立に努める。昭和55年取締役検査本部長、昭和61年常務取締役。平成5年社団法人日本衛生検査所協会常任理事、平成6年同協会専務理事。平成7年株式会社エスアールエル代表取締役副会長。平成9年社団法人日本衛生検査所協会副会長。平成13年株式会社エスアールエル取締役議長。平成20年社団法人日本衛生検査所協会顧問を経て、平成22年7月参議院選に初出馬、初当選○前厚生労働大臣政務官○決算委員会理事、自民党政務調査会副会長、参議院自民党政策審議会副会長
から
まで